転職市場として介護現場はどうなのか?

 介護現場は慢性的な人手不足の状態が続いているので、転職市場としては有望な職種であるといえる。超高齢化社会になり、高齢者の生活を維持するには介護サービスなどの支援が必要である。ところがその担い手になる人材が不足しており、常に求人が出ている状態なのである。
 しかしいきなり未経験、無資格でもやれるのかと不安に感じることもあるだろう。実は全く問題はなく、介護の仕事は未経験でも無資格でも行えるのである。施設で働くにしても訪問介護などで働くにしても、重要なのは利用者との人間関係を築けるかどうかであり、資格や知識ではない。極端なことをいってしまえば、常識的なコミュニケーション能力があれば業務をこなすという点においては全く問題ないのである。
 勿論初めての業界に飛び込むということは知らないこと、分からないことが山積みという状態であるが、そういうことは働きながら身につけていくことが可能なので、それほど心配することはないのである。

 とはいっても、何か資格を持っていなければ、採用されにくくなる可能性は否定できない。
 そこでお勧めなのは、介護職員初任者研修である。やや長期間になる講習であるが修了すれば、実力ありと認められ、有資格者という扱いになる。そうすれば求人の機会もぐっと増えるのである。また就業した後にもケアマネージャー、介護福祉士と働きながら資格を取ることもできるので、転職を考えているのであればまずは調べてみるべきである。