社会的需要の高さが影響する転職市場

この業界では自分のやりたい仕事ができないと考えたときには、他の業界を選んで働くことを選ばなければならないだろう。業界を越えて転職をするときには、よく業界を吟味してから決断しなければ転職先に困ってしまうことになりかねない。
転職市場は業界の内側に閉じていることが多いのが事実であり、外に向けて開けている業界を選ばなければ苦労につながってしまうかもしれない。
外に開けている転職市場かどうかを判断する基準として優れているのが、その業界が社会的に需要が高まっているかどうかである。既に昔から高い需要があって人が溢れているような業界は、転職して参入するのは難しい。人気が低迷している業界では受け入れが多いのは確かだが、この場合には転職してから苦労してしまうリスクが高いと考えた方がいい。
将来の展望を考えて業界を選ぶことは、外からの受け入れが多い業界かどうかを判断するのと同じように必要となる。近い将来の展望を考えて需要が高まっていくと期待できる業界では人材を獲得しようという動きが強く、新たに参入するのに適している。

それに加えて、その隆盛期に向かって活躍できる機会が与えられることから、成功して昇進し、安定した仕事に就けるようになる可能性も高い。 まさに伸び盛りの業界であれば、努力することによって成果が上がりやすい状況ができているのが一般的であり、高いモチベーションを保って仕事をしやすいのも転職におけるメリットとなるだろう。

▼業界選びのための参考サイト:転職市場最前線